最新技術によるインプラント治療

光機能化インプラント

チタン製インプラントの表面の汚染層(炭素化合物)を除去し、チタンの本来持っている骨と接着する能力を100%引き出すことが出来る画期的な方法のことです。ある波長の紫外線を照射することで、これが可能となりました。この一連の現象は、米国UCLAの終身教授である小川隆弘先生によって発見・発明されました。この技術により、より短い長さのインプラントで従来よりも確実にインプラントと骨が接着することが可能となり、安全に治療を受けていただく事が出来ます。
当院ではかねて技術的交流の深い小川教授の最新の成果をいち早く取り入れ、2011年春より、すべてのインプラント手術をこの「光機能化」チタンに切り替えました。当院での機器の導入は国内で(世界で)22番目となります。
 「光機能化バイオマテリアル研究会」のウェブサイト

光機能化インプラント | オステル | コンピューターシュミレーションソフト